上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.19 鳥取時間③
鳥取といえば砂丘。
観光場所は行かない自分だけど
砂丘には1度行ってみたかった。

このフウケイを見てどう感じるのか自分でも楽しみにしていた。

観光3

そしてそれは圧倒的だった。

ただ砂があるだけかもしれない・・・
でも自分にはその砂が続く景色が深く心を満たしたのでした。

観光

観光2

1949年民芸運動家の吉田璋也により「鳥取民藝館」として開設され
翌年「鳥取民藝美術館」と改称。この美術館を中心に土蔵風の一群の
建物があり民芸コーナーと呼ばれている。
古民藝約3500点、新民藝約1500点を収蔵し、特に李朝陶磁、高麗茶碗や
吉田璋也がプロデュースした新作民藝の蒐集に特徴がある。

民芸の事を興味が無い人でも分かるくらい素敵な空間です。

鳥取といえばの場所2つだが行ってみるのはどうだろうか?






関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://r20120601.blog.fc2.com/tb.php/153-f6acb59f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
​ ​